• TOP
  •  > 会社案内

会社概要

会社概要

名  称 第一出版株式会社
所 在 地 【本社】
〒102-0073
東京都千代田区九段北3-2-5 九段北325ビル8階
TEL 03-5226-0999(代)  FAX 03-5226-0906


【文京営業所】
〒112-0005
東京都文京区水道1-8-8
TEL 03-5802-7822  FAX 03-5802-7823

設  立 1944(昭和19)年3月6日
資 本 金 1500万円
役  員 代表取締役社長 加 藤 友 昭
取締役相談役 栗 田  茂
取締役 平 澤 澄 久
取締役(企画担当) 井 上 由 香
常務執行役員
(営業担当)
増 岡 富 士 江
執行役員
(編集担当)
山 本 美 智 子
事業内容 栄養学・生活科学・家政学系大学・短期大学向けテキスト、栄養士向け専門書・実務書の出版
加盟団体
  • 一般社団法人 日本書籍出版協会
  • 一般社団法人 自然科学書協会
  • 一般社団法人 出版文化国際交流会
  • 一般財団法人 日本出版クラブ
  • 家政学図書目録刊行会
主な取引先
  • 株式会社トーハン
  • 日本出版販売株式会社
  • 株式会社大阪屋栗田
  • 株式会社中央社
  • 株式会社日教販
  • 株式会社西村書店
  • 株式会社鍬谷書店
  • 生活科学・家政学系、医療技術・
    福祉系などの大学・短期大学
  • 栄養専門学校
  • 医療技術・福祉系の専門学校
  • 看護専門学校
  • 地方公共団体・保健所など
  • 各都道府県栄養士会
  • 各地の調理師会
  • 各地の食品衛生協会

沿革

1944(昭和19)年3月、創業者 栗田確也により第一出版協会、右文館、第百書房の3社が統合、設立されました。

当時の出版物は、社会学・教育学・統計学・農学をはじめ、思想書や伝記・専門日本料理書など多岐にわたるものでした。終戦直後に海外からの食糧援助を要請するため、連合国軍司令部(GHQ)の指令に基づき実施された「栄養調査」を起源とする現在の「国民健康・栄養調査」の報告書制作や出版、「食品栄養価要覧」(現在の「日本食品標準成分表」)を発行して以来、徐々に健康・栄養関連専門書の出版に重点を移すことになりました。

現在では、国民の栄養管理の基本となる「日本人の食事摂取基準」や前述の「国民健康・栄養調査」に基づき国民の健康・栄養状態を明らかにする「国民健康・栄養の現状」をはじめ、管理栄養士・栄養士の養成テキストや実務書などを主に発行し、国民の健康づくりに寄与しています。更に、「調理師読本」「調理師試験問題と解答」は、全国各地で開催される講習会で利用され、調理師資格取得の一端を担っています。

また、2014(平成26)年10月には、社屋老朽化の為、創業地である本の街「神田神保町」から、靖国神社近くの現在地に移転。これに合わせて商品管理部門(営業を含む)を飯田橋(大曲)に分離・移転いたしました。

主な出版経歴と歩み

1946(昭和21)年2月 厚生省研究所国民栄養部研究会編「食品栄養価要覧」(現在の食品成分表)を刊行。
1947(昭和22)年12月 日本栄養士会編「暫定標準食品・輸入食品栄養価分析表」を刊行。
1951(昭和26)年7月 日本栄養士会編「調理師読本」を刊行。今日まで続く超ロングセラー。
1952(昭和27)年7月 栄養改善法の制定を目指して、日本栄養士会関係者による事務局を弊社社屋内に設置。
1954(昭和29)年3月 日本栄養士会編「栄養士必携」を刊行。これも今日まで続くロングセラー。
1955(昭和30)年3月 前年に総理府資源調査会食糧部会より発表された「日本人の栄養所要量」を刊行。
1959(昭和34)年3月 昭和32年度国民栄養調査成績を「国民栄養白書」として刊行。栄養調査成績の初めての市販本。
1959(昭和34)年6月 科学技術庁資源調査会より発表された「改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1961(昭和36)年4月 厚生省公衆衛生局栄養課編「新しく採用された日本人の栄養所要量」を刊行。
1963(昭和38)年7月 厚生省公衆衛生局栄養課編「昭和45年を目途とした栄養基準量及び食糧構成基準について」を刊行。
1967(昭和42)年8月 日本栄養士会の栄養学術講習会が開催され(栄養食糧協会と共催)、以後毎年弊社協賛により継続されており、今日まで引き続き開催されている。
1968(昭和43)年 「病態栄養学双書」を刊行開始。昭和46年より日本栄養士会によって病態栄養技術講習会が開催され、本双書が教本として採用される。
1970(昭和45)年1月 厚生省公衆衛生局栄養課監修・日本栄養士会編「昭和44年改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1975(昭和50)年5月 厚生省公衆衛生局栄養課監修・国民栄養振興会編「昭和50年改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1979(昭和54)年10月 厚生省公衆衛生局栄養課編「昭和54年改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1981(昭和56)年9月 日本栄養会館が竣工(当社社屋)。その後、日本健康・栄養会館と改称され、今日に至る。
1982(昭和57)年3月 昭和56年に厚生省より公表された「6つの基礎食品」を「〈解説〉健康づくりのための6つの基礎食品」として刊行。(6つの基礎食品については、昭和33年に最初のものが厚生省より公表されていた。)
1984(昭和59)年10月 厚生省保健医療局健康増進栄養課編「第三次改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1985(昭和60)年8月 厚生省より公表された「健康づくりのための食生活指針」を刊行。
1986(昭和61)年10月 厚生省より公表された「肥満とやせの判定表・図」を刊行。
1988(昭和63)年4月 健康・体力づくり事業財団によって始められた「健康運動指導士」養成講習会の教本を制作。
1989(平成元)年10月 厚生省保健医療局健康増進栄養課監修「第四次改定日本人の栄養所要量」を刊行。
1990(平成2)年10月 厚生省より公表された「〈対象特性別〉健康づくりのための食生活指針」を刊行。
1994(平成6)年5月 厚生省保健医療局健康増進栄養課監修「第五次改定日本人の栄養所要量」を刊行。
「栄養所要量」に関しては、その後「食事摂取基準」として第六次改定版、2005年版、そして2009(平成21)年7月刊行予定の2010年版と、弊社が連綿として出版を担う。
2002(平成14)年11月 厚生労働省・農林水産省・文部科学省により平成12年に10年ぶりに改定、公表された新しい「食生活指針」を刊行。
2003(平成15)年7月 独立行政法人国立健康・栄養研究所によって始められた栄養情報担当者(NR)の養成・認定に使用される教本である「健康・栄養食品アドバイザリースタッフ・テキストブック」を刊行。
2005(平成17)年5月 厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2005年版)」を刊行。
2005(平成17)年12月 厚生労働省・農林水産省によって決定、公表された「食事バランスガイド」を刊行。
2009(平成21)年8月 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書の「日本人の食事摂取基準(2010年版)」を刊行。
2010(平成22)年9月 「管理栄養士国家試験受験講座」全冊をリニューアル。「サクセス管理栄養士講座」(全13冊)として再スタート。数多くの養成施設でテキストとして利用される。
2012(平成24)年10月 管理栄養士・栄養士養成テキスト「Daiichi-shuppan Textbook Series」刊行始まる。
2013(平成25)年3月 国立健康・栄養研究所のNR認定制度が日本臨床栄養協会のサプリメントアドバイザー認定制度と統合され、その認定テキストとして、同協会の監修による「NR・サプリメントアドバイザー必携」を刊行。
2013(平成25)年12月 入門書「めざせ!栄養士・管理栄養士 まずはここからナビゲーション」刊行。好評を博す。
2014(平成26)年8月 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討会報告書の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」を刊行。
2015(平成27)年4月 食事摂取基準の実務書「日本人の食事摂取基準(2015年版)の実践・運用」を刊行。